よみうり大手町スクール

 

大手町スクールhp看板20190401から.jpg

大手町で学びませんか

 

 読売新聞東京本社3階の新聞教室で「よみうり大手町スクール」が始まりました。
 時間帯は、平日の夜や土曜の午後。入会金はなく、体験も可能です。自分磨きの学びの時間をお楽しみください。

 

 

 

 著者と語る・サイエンス読書カフェ

 

 

   店主:小出重幸さん

 

 

 

 
  科学の本を読み、感想や意見を交わします。
 「店主」は読売新聞元編集委員の小出重幸さん。著者も迎えます。

  ◆月1回 不定期  18:30~20:00
  ◆受講料 (1,500円/回 税込み)

  ◆次回の講座日程
   12月19日(木) 

     

<著者と語る・サイエンス読書カフェ>

 12月19日のテーマは「広がる"科学不信"を考える」

「ルポ 人は科学が苦手 アメリカ<科学不信>の現場から」(光文社新書)

 

 「科学」を信用しない人が増えているのでは?

 聖書の「創世記」の記述を信じて、生物学の「進化論」を否定する人たち、地球温暖化論を「でっちあげ」と断ずる大統領......科学大国、米国で台頭する反科学論のうねりは、どこまで現代社会に影響を与えるのでしょうか。科学報道の根底をゆるがすこのテーマを、米国内の取材を中心にていねいに論じた「ルポ 人は科学が苦手 アメリカ<科学不信>の現場から」(光文社新書)が、今回のテーマです。

 著者の読売新聞科学部デスク、三井誠さんは、足掛け4年にわたる米国滞在中にこのテーマに関心をいだき、大統領選挙とあわせて取材を重ねてきました。科学コミュニケーションへの理解が進む一方で、科学そのものを敬遠する文化。現代社会を支える科学は、果たしてどこまで普遍的なのか? 著者の体験をまじえて、質疑、討論を進めたいと思います。


申し込みはこちら(外部サイト「パスマーケット」に移動します

---------------------------------------------------------------------------------

■情報誌「よみカル」連載
「サイエンス読書カフェ 店主の独りごと」は、下記からご覧いただけます。

 第1回目 第2回目 第3回目 第4回目 第5回目 第6回目 第7回目 第8回目

 第9回目 第10回目(最終回)

   

   

 

 

 その他の講座(1回で終了する講座)も随時企画しています。



※残席わずか

 台湾に残る日本統治時代の歴史建築

台湾建築_400-259.jpg

 1895(明治28)年から1945(昭和20)年までの半世紀、台湾は日本の統治下におかれていました。当時の建築物は今も残され、大切に守られています。今回はそういった建築群を取り上げ、日本に温かいまなざしを向けてくれている「隣人」について紹介します。現役庁舎や病院建築、学校などのほか、カフェやショップとして再生されたリノベーション空間まで、様々な物件を取り上げます。


講師:作家 片倉佳史
 1969年神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部教育学科卒業後、出版社勤務を経てフリーに。武蔵野大学客員教授。90年代後半から台湾に居を移し、これまでに多くの台湾関連書籍を上梓。歴史、地理、鉄道、原住民文化、グルメと、執筆・撮影の分野は幅広い。日本統治時代の遺構や歴史遺産の記録、古老・引揚者への聞き取り調査にも心血を注ぐ。主著に『台北歴史建築探訪~日本が遺した建築遺産』、『台湾旅人地図帳』、『観光コースでない台湾』、『台湾に残る日本鉄道遺産』、『台湾 鉄道の旅』、『旅の指さし会話帳・台湾』などがある。

【日時】12月14日(土)14:00~15:30(開場13:30~予定)

【受講料】2,310円(税込み)

【申し込みはこちら】
 残席わずかのためクレジットカード払い(パスマーケット利用)の受け付けは締め切りました。

 申し込みはこちら(コンビニ払込利用、別途手数料1人110円かかります)




※満席になりました。キャンセル待ちで承ります

 魅惑のウズベキスタン探訪~注目高まるシルクロードと美しき青の都~

ウズベキスタン_400-207.jpg 近年、日本や欧米からの旅行者が増えているウズベキスタン。SNSにも数多く投稿されている国のひとつです。全編ウズベキスタンで撮影した映画が公開されたり、特集番組が放送されるなど、注目が高まっています。第二次大戦後から日本とウズベキスタンは非常に関わりが深く、現在では多くの留学生が日本で学んでいます。世界遺産の古都の街並みや、青色のタイル装飾が美しいイスラム建築の数々.......。ウズベキスタンの魅力、そして日本とのつながりについてお話しします。ウズベキスタンのお土産付き。


講師:日本ウズベキスタン協会会長 嶌 信彦
 ジャーナリスト。1942年中国・南京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、毎日新聞社に入社。ワシントン特派員などを経て、東京本社経済部を最後に87年に毎日新聞社を退社、フリーとなる。『グローバル・ナビフロント』をはじめ、『ブロードキャスター』『NEWS23』『朝ズバッ!』『森本毅郎・スタンバイ!』など、数多くの番組で司会・解説者を務めてきた。現在は『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』でパーソナリティーを務める。著書にウズベキスタンに抑留された方々が親日の対象であるナボイ劇場を建設した秘話を書いたノンフィクション『伝説となった日本兵捕虜』など多数。日本ウズベキスタン協会会長。


【日時】1月18日(土)13:00~14:30(開場12:30~予定)

【受講料】2,420円(税込み)

【申し込みはこちら】満席のため、キャンセル待ちで承ります。お席の空きができましたらばご連絡いたします。
          申し込みはこちら




健康ピアノカバー帯付き200-282.jpg ピアノは楽しい♪ 今日からスタート、大人のための健康ピアノ講座

 ピアノの音色で、気分も体もリフレッシュ! 音符の読み方、基本的な音楽記号、演奏に役立つ指のストレッチを、ピアニストの内田ゆう子さんが解説します。ピアノ練習の第一歩を、今日からスタート。金曜日の夜を音楽と一緒に過ごしましょう。


 当日は、内田さんのピアノ演奏(電子ピアノ)もあります。抒情歌、歌謡曲、ジャズ、クラシックなど、スペシャルゲストの演奏もお楽しみください。


 演奏予定曲 「アメイジング・グレイス」 「エリーゼのために」 「枯葉」ほか




内田ゆう子200-277.jpg講師:ピアニスト 内田ゆう子

 国立音楽大学ピアノ科卒業。9年間の海外生活の中でドイツではクラシック、ニューヨークではジャズを学び、アメリカのスタンフォード大学ジャズワークショップに参加し、研さんを積む。クラシックからジャズまでの幅広いジャンルでライブ活動中。楽譜仕事人PAG代表。ピアノ雑誌、曲集出版多数、ダウンロード楽譜毎週配信。CD「Music & More」「パープル レクイエム」他リリース。
https://uchidayuko.com









細野よしひこ200-271.jpgスペシャルゲスト:ギタリスト 細野よしひこ

 自己のバンドを率いて「新宿ピットイン」でプロデビュー、後にジョージ川口、世良譲、前田憲男等と共演を重ね、共演アルバムCD多数あり。現在は自己のグループを中心に活動中。リーダーアルバムとして、「WITHOUT A SONG」、「SHOOT STRAIGHT」の2枚をリリースしている。









【日時】2月7日(金)19:00~20:15

【受講料】2,200円(税込み)

【申し込みはこちら】申し込みはこちら〈コンビニ払込(手数料110円かかります)利用〉
          
申し込みはこちら〈クレジットカード払い利用(外部サイト「パスマーケット」に移動します〉

 

    

   

 

講座のお申し込みはWebまたはお電話(03-3642-4301)にてお受けいたします。

 

  

お問い合わせは、よみうりカルチャー大手町スクール事務局(03-3642-4301)