源氏物語に親しむ 

講座コード:
202101-01290006

2020年12月22日 更新

講師名

よみうりカルチャー講師 新井 英之

内 容

 『源氏物語』若菜上下巻にひきつづく柏木巻は、衛門督・柏木と、六条院の源氏の正妻・女三宮の運命を語ります。
 源氏の妻・女三宮と密かに通じたことを源氏に知られてしまった柏木は、病をおして参上した朱雀院五十賀の試楽の後の宴において、源氏から酒を強いられ、痛烈な皮肉を浴びる。柏木は恐懼し、病一層重いまま年が明ける。源氏48歳の春、女三宮は男児を出産、産養の儀式が盛大に行われる。その折、女三宮は源氏に出家を願い出る。
柏木と女三宮、二人の運命とこれに向かい合う源氏の思いを、現代語訳とともに読み味わってみましょう。

日 時

第2・4 火曜日  11:00~12:30

1/12、1/26、2/9、2/23、3/9、3/23

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 6回 17,820円(うち消費税額1,620円)

設備費

990円

教材費
コピー代
330円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,190円(うち消費税額290円)

初回持参品

『源氏物語10 若菜下・柏木』 小学館・古典セレクション
筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。