講座コード:202110-01530020 2021年8月31日 更新

おもしろ歌舞伎噺

古典芸能解説者 クリエイティブディレクター五十嵐 淳子

 中堅どころの役者たちの「新たなチャレンジ」が話題になることも増えてきた歌舞伎界です。本当の意味での「歌舞伎の愉しみ」を味わうには、もう少し時間がかかりそうですが、江戸時代から今日まで、沢山の困難を突破して、文化の最先端を担う役割を果たしてきた歌舞伎は、必ずこの厳しい状況を乗り越えて、これからも多くの観客に『夢』や『勇気』を提供してくれるに違いありません。
「演目なるほど話」はもちろんですが、広告業界でのクリエイティブディレクターとしてのキャリアや、イヤホンガイドでの演目解説など、多彩な活動実績を持つ講師ならではの役者さんとの楽しいエピソードや稽古裏話など、独自の視点でお届けします。『歌舞伎のおもしろ噺』は、山ほどあります。役者たちの頑張りを後押しできるようにと願いながら楽しいお話をご一緒に!
日時 10/12、11/9、12/14、1/11、2/8、3/8
第2火曜日 12:30~14:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料 会員 6か月 6回 22,440円(うち消費税額2,040円)
維持費 2,244円
教材費
教材費(100) 660円
テーマ 10月 「嘘」と「盛りすぎ」でできた芝居の面白さ(“嘘”を愉しむ心意気)
11月 「襲名」という大仕事、役者と妻の奮闘あれこれ(“芸の継承”と“血縁への拘り”)
12月 「贔屓」は本当にありがたい“おつきあい今昔”(江戸の“旦那”の心得は)
1月 「助六の刀・権五郎の刀」(刀のいわれが面白い)
2月 「弁慶の数珠・土蜘の数珠・鳴神上人の数珠」(役者の数珠への想いとは)
3月 「復元できない五右衛門の煙管」(芝居に煙草は必需品)
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 4,224円(うち消費税額384円)
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。