古文書を読む「入門編」 

講座コード:
201810-01330008

2018年10月28日 更新

講師名

国士舘大学文学部非常勤講師 泉 正人

内 容

 江戸時代に書かれた数多くの文書は、どれも歴史を示す貴重なものです。しかし、今ではほとんどの人が読めません。当時の文書を読むと中高の教科書で教わったのとは違った江戸時代が見えてくると思います。本講座は江戸時代の古文書を解読する力を身につけることを目標として、古文書(コピー)を皆で輪読し、解説をしていきます。読みやすいものをテキストにしますが、初めての方はなかなか難しいでしょう。読みたくなったら読んでいただきます。辞典の選び方・引き方、古文書に書いてある文字と内容の説明などを行っていきますが、分からないことを、ざっくばらんに話し合える教室にしていきます。マスターするには時間がかかりますが、まず文字に慣れましょう。慣れこそが古文書をマスターする近道です。「くずし字辞典」を片手に読んでみませんか。

日 時

第2・4週 金曜日 15:15~16:45

10/12、10/26、11/9、11/23、12/14、12/28、1/11、1/25、2/8、2/22、3/8、3/22

受講料

会員: 6か月 12回 33,696円(うち消費税額2,496円)

設備費

1,814円

教材費
教材費(100)
1,296円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 体験料2,959円+教材費108円

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。