講座コード:202110-05495562 2021年9月17日 更新

未生流いけばな

准目代藤井 知甫

 未生流は、18世紀末頃に創流されました。流祖が創ったいけばなの精神と花型を伝承した“格花”と昭和初期に創られた現代的な“新花”の2つの様式があります。格花は、天・地・人を表す役枝を直角二等辺三角形に配した姿を基本の型とし、自然と人間の調和を表現します。新花は、草木それぞれの特性に注目し、季節感や風情を表現したり、色や量感を際立たせて見せたり、花材の特徴を造形的に構成したり、比較的自由に楽しめるいけばなです。
未生流のいけばなを通して、季節の風情や草木の美しさを楽しんでいただけたら嬉しいです。
日時 10/14、10/28、11/11、11/25、12/9、12/23
第2・4木曜日 13:00~15:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の7日前までとなります。

受講料 会員 3か月 6回 22,110円(うち消費税額2,010円)
維持費 2,508円
途中受講 できます
見学 できます  ※満員の場合や状況により見学いただけないことがあります。
体験 できます 体験料 4,103円(うち消費税額373円)
ご案内 花材費1500円から。
受付は6日前までです。事前に受講手続きをお願いします。
花材費は当日お教室で講師へお支払いください。
初回持参品 花バサミ、花包み

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。