講座コード:202110-01597233 2021年12月6日 更新

野外

地図で時間をさかのぼって、地形から歴史を識ってみよう

地図と地形で探る東京今昔散歩

「地図」の人、日本地図センター 小林 政能

 日々、姿形を変えてゆく東京。日進月歩の人の世は移ろっていきます。微かに痕跡を残しながら。この講座では、そんな浮世・江戸東京の痕跡を地図を片手に追いかけて、昭和・明治・江戸…と時代をさかのぼっていこうと思います。
 高度経済成長期、東京オリンピック1964などの開発の中で姿を消した春の小川は今どこに?明治期の財閥の領袖や、文豪、芸術家はどんなところに居を構えたのでしょう?明治維新の変動期に江戸市中で起こった市街戦はどのようなものだった?江戸城へ登城する武士・大奥に務める女性たちの目にはどのような光景が?江戸の庶民の風俗娯楽のパワーが洪水対策になっていた?往時の街道や国境は、今はどうなっているのでしょう?
 いろいろな謎をテーマに、変化に富んだ東京の地形を味わいながら、地図を読みながら東京の時の流れをさかのぼって、一緒に歩いていきましょう!
日時 10/2、11/6、12/4、1/9、2/5、3/5
第1土曜日 10:00~12:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の5日前までとなります。

受講料 会員 6か月 6回 22,308円(うち消費税額2,028円)
維持費 1,320円
教材費
資料代@300 1,980円
保険料 600円
テーマ 10/2…街道筋の新たな駅と古き道

11/6…目黒川に掛かる橋、区界の用水、泉湧く谷、渋谷川の復活

12/4…山手線の南端の山々

1/9(日)…浅草七福神

2/5…中山道と江戸の縁辺

3/5…小石川台地の谷戸と寺院
途中受講 できます
見学 できません
体験 できます 体験料 4,368円(うち消費税額388円) 講座日1週間前までにご予約ください
ご案内 資料は当日講師より配布いたします。
交通費、施設入場料、食事代等は各自負担です。
初回持参品 動きやすい服装、筆記用具、方位磁石、カメラ、ルーペ、万歩計

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

残席わずかのため本講座のWebでの予約は終了しました。詳細は下記よりお問い合わせください。