英語の裏技【ワンポイントレッスン】~70~仮定法の使い方

よくある間違えやすい英語をわかりやすく説明します。

  •  

もう寝る時間だぞ!

It's time to sleep. ×

文法的には問題はありませんが、お母さんが子供に対して伝える場合の

会話を想像すると、あまり自然な言い方とは言えません。

まず、動作として、 "sleep" (どちらかというと「眠る」)よりも

"go to bed" (寝る)の方が良いです。

It's time to go to bed.

しかし、ここにもワンランクアップの表現があります。

「もう~をする時間だぞ」を表すには 「It's time you + 仮定法」という表現があります。

仮定法は条件を提示するだけはありません。

現実とは異なる状況を要求したり、望みを表現するといった場面でも使われます。

今回のようなシーンにはピッタリです。

「もう...」と「...だぞ」を考えると、事実(寝る時間)を述べているだけではなく、

強い要求(命令の「はやく寝なさい!」の手前)の言い方ですね。

  •  

もう寝る時間だぞ!

  •  

⇒ It's time you went to bed.

  •  
  • 時計のイラスト.jpg