英語の裏技【ワンポイントレッスン】~62~ The difference between "let" and "have" 使役の「let」と「have」の違い

 よくある間違えやすい英語をわかりやすく説明します。

  •  

  彼が戻ったら電話させます。

⇒ I'll let him call you when he gets back.×

  •  

文法的にはこの文章は間違っていませんが、「させる」のニュアンスがずれています。

英語では「使役」、つまり「~させる」は基本的に4種類あります。

  •  

上の例文の "let" は「許可をする」意味の「させる」です。

本人がやりたいことをさせる時に使います。

例えば

He let his son play video games.  彼は息子さんにゲームをさせました。

  •  

"make" は「強制する」という意味の「させる」です。

本人がやりたくないことをさせる時に使います。

例えば

He made his son clean his room.  彼は息子に部屋を掃除させました。

  •  

当然やってくれることには、"make" や "let" はどちらも合わない単語です。

一般的に "have" を使います。

ある程度説得する必要がある場合は"get" を使うことが多いです。

"have" の場合、動詞は原形でいいです。 "get" を使うと、 "to" と不定詞が必要になります。

  •  

 彼が戻ったら電話させます。

⇒ I'll have him call you when he gets back.

(I'll get him to call you when he gets back.)

  •  

 電話イラスト.jpg