英語の裏技【ワンポイントレッスン】~60~ Conditional sentences (2) 仮定法 あり得ない条件の場合の言い方

よくある間違えやすい英語をわかりやすく説明します。

もし私が億万長者だったら、でっかい家を買います。

⇒ If I am a millionaire, I will buy a huge house.×

条件のある英文の続きです。

今回は2つ目のタイプ、つまり「有り得ない条件」に挑戦してみましょう。

上の条件の内容は明らかに事実と異なります。

私は英会話の講師で、億万長者ではありません! 

「億万長者じゃありませんけど、でももし億万長者だったら...」という場合、

条件形を使います。

英語の条件形は、ほぼ過去形にそっくりです。

唯一の違いは "was" は "were" になります。とは言っても、

このルールを無視するネイティブ・スピーカーが多く、

"If I was..." という人が大半です。

上の例文では "If I were a millionaire," (テストの時はこれ!)

または会話的な言い方で "If I was a millionaire" と言います。

タイプ2の結果の部分(でっかい家を買います)は、

タイプ1(あり得る条件)の未来形will を条件形にします。

未来形の過去形というのが何となく変ですが、will は would になります。

もし私が億万長者だったら、でっかい家を買います。

⇒ If I were a millionaire, I would buy a huge house. 

ちなみに「でっかい家を買えます」に変えた場合、

"can" の条件形である "could" ("would" に似ていますね)を用います。

家のイラスト.png