英語の裏技【ワンポイントレッスン】~46~

よくある間違えやすい英語をわかりやすく説明します。

彼はさようならを言わずにパーティを去った。

⇒ He left the party without to say goodbye. ×

動詞を不定詞 (to do) にするか動名詞 (doing) にするかは英語の頭痛の種の一つですね。

しかし、便利なルールがあります。それは、前置詞の後は必ず動名詞を使うことです。

"without"(なしに) は前置詞です。普通はその後には名詞が続きます。

例えば、

"without a hat" (帽子なしに)

"without a hitch" (問題なしに)

そのため動詞なら、動名詞の形にすれば良いです。 

例えば、

"without paying" (払うことなしに=払わずに)

"without looking" (見ることなしに =見ずに)

⇒He left the party without saying goodbye.

他の前置詞(by, with, fromなど)も、もちろん同様です。

He learned English by reading the newspaper.