講座コード:202110-07370001 2021年9月14日 更新

新設

着物コーディネート術【中級①】

着物カルチャー倶楽部「着楽舎」主宰中川 時次

着物コーディネートの応用力をつけるための全3回コース。着用頻度の高い3種類の着物(紬、小紋、色無地)について、毎月1種類ずつコーディネート方法を理論と実例で解説します。TPOに合わせたコーディネート方法、色合わせ、格合わせなどをしっかり学び、自力で自信を持って着物コーディネートができる力を養いましょう。                                                           
日時 10/1、11/5、12/3
第1金曜日 13:30~15:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の7日前までとなります。

受講料 会員 3か月 3回 10,230円(うち消費税額930円)
維持費 1,155円
教材費
教材費900円 2,970円
テーマ 第1回:「紬コーディネート」
お洒落着として扱われる紬の着物。絣の有無・量・デザインや、産地・素材・製法により、本当の洒落着から略礼装まで格式に幅のあるお着物でもあります。講座では紬らしい素朴な作品と無地紬(色無地扱いとなる)の両方を比較しながら、帯合わせ・小物合わせの違いや用途の違いも含めて紬コーディネートを解説します。

第2回:「小紋コーディネート」
小紋はやわらかいもののカジュアル着物ですが、デザインによっては略礼装まで格式を上げることのできる着物でもあります。今回は、小紋らしく洒落着としてのコーディネートを徹底解説します。小紋を略礼装的にコーディネートする方法については中級②第1回にて別途解説します。

第3回:「色無地コーディネート」
色無地は紋の有無、地紋のデザイン、色合い、帯合わせによって、小紋的な扱いから附下レベルの格式まで変動幅の広い着物です。講座では、色無地を洒落着として小紋的なコーディネートをするパターンと、色無地らしく略礼装で着用するパターン。2つを比較しながらTPOごとに最適なコーディネート術を解説します。


【教材紹介】
良い学びには品質の良い教材に直接触れる機会の積み重ねが必要という考え方から、毎月の教材には実際に市場流通している新品の着尺や帯地を主に用います。教材観察用に使い捨て手袋と虫眼鏡を毎回人数分用意していますので、間近でじっくり質感・製織技術・デザイン性を観察してください。
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 4,785円(うち消費税額435円)
初回持参品 筆記用具(教材への汚れ防止のためボールペン、フリクションペンは不可)、カメラ(任意)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。