千宗旦の茶書を読む

千利休と侘び茶の世界 

講座コード:
202010-01510201

2020年9月17日 更新

講師名

能文社 水野 聡

内 容

千宗旦は利休の孫。字は元伯、号は咄々斎。侘び茶の精神に徹した生涯を送り(乞食宗旦)の異名をもちます。権勢を嫌って生涯仕官せず、清貧を旨とした茶禅一味を実践しました。千家流は三人の子により、三千家へと継承されます。【宗旦の名言】「愚者千人にほめられんよりも、数寄者一人に笑われん事を恥ずべし」(宗旦伝授聞書)。
当講座では宗旦の茶書『茶話指月集』『江岑夏書』『元伯宗旦文書』等を読み継いでいきます。画像資料等を多用し、歴史背景も案内。初心者の方にも分かりやすい茶の湯入門講座です。

日 時

第3 木曜日 10:30~12:00

10/15、11/19、12/17、1/21、2/18、3/18

ホームページからのお申し込みは、受講日の3日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 19,800円(うち消費税額1,800円)

設備費

792円

教材費
コピー代(150)
990円
テーマ

<予定テーマ>
♦第一回 10/15 利休の侘び茶と宗旦 
♦第二回 11/19 「茶話指月集」上巻1
♦第三回 12/17 「茶話指月集」上巻2
♦第四回 1/21  「茶話指月集」上巻3
♦第五回 2/18  「茶話指月集」上巻4
♦第六回 3/18  「茶話指月集」上巻5
※講座の進行状況により各回の予定は変更する場合があります。

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,597円(うち消費税額327円)

初回持参品

「日本の茶書2」林屋辰三郎編(東洋文庫 206)平凡社
※希望者のみ

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。