入会金不要 公開講座

講座のイベントの様子

 よみうりカルチャーの雰囲気を味わっていただくためにぜひお勧めしたいのが公開講座です。入会金は不要で、会員に限らずどなたでも受講できます。各界で活躍する著名人の講演会や季節ごとのイベントを楽しむ講座、野外散策講座などカルチャーの魅力を満喫できる講座を多数ご用意しております。

 歌舞伎やミュージカルの出演者のアフタートークがセットになった「観劇入門講座」や、親子で楽しめる講座、夏休みジュニア向け講座なども充実しています。

 お気軽にご参加ください。

[講座]日本の伝統・雅楽「笙」の魅力を知る〈演奏会付き〉(10月28日水曜)

雅楽「笙」鈴木治夫・仕事場350-475.jpg 雅楽「笙」大塚惇平350-475.jpg

 

 

 奈良時代から受け継がれる雅楽の楽器「笙(しょう)」の魅力を堪能します。前半は、笙職人で演奏者でもある鈴木治夫さんと、新進気鋭の笙奏者として注目されている大塚惇平さんのトークです。後半は、笙の響きを独奏にてお楽しみいただく演奏会です。

 

  

 【日時】 10月28日(水)19:00~20:15

 【会場】 読売新聞東京本社3階「新聞教室」
      (東京メトロ千代田線・丸ノ内線・東西線・半蔵門線「大手町駅」C3出口直結)

 【講師】 笙職人 鈴木治夫さん

      笙奏者 大塚惇平さん

 【受講料】会員・一般 3,300円(税込み)

 【問い合わせ・申し込み】事業担当 03-3642-4301

お申し込み〈コンビニ払込(別途、払込手数料110円)をご希望の方〉はこちら

お申し込み〈クレジットカード支払いご希望の方(外部サイト「パスマーケット」に移動します)〉はこちら



  

よみうりカルチャーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の三つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)を踏まえながら、細心の注意を払って講座を運営しています。「新聞教室」を会場にした本講座でも、以下の防止策を行います。

  • 講座当日は、お出かけの前に検温をお願いします。37度5分以上ある場合、ご受講できません。教室入り口でもスタッフが非接触型体温計で検温いたします。
  • 風邪の症状がある場合、ご受講をお控えください。
  • 教室入り口に、手指用の消毒液を用意します。
  • 講座中もマスク着用をお願いいたします。
  • 教室内のいすは、隣と距離を空けて配置します。
  • 換気のため、講座中も入り口の扉は開放します。

 ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

 《問い合わせ》事業担当 03-3642-4301(平日10:00~19:00、土曜日は17:00まで)

[講座]没後50年 大宅壮一は生きている(11月21日土曜)

大宅壮一肖像.jpg 鳥山さん写真 (2).jpg

 

 

 「一億総白痴化」「口コミ」などの巧みな造語で高度成長期の日本を裁断した社会評論家・大宅壮一。混迷を深める現代、その先見性が没後半世紀を経て再評価され、関連本の出版も相次いでいます。50回目の命日(11/22)を前に、大宅壮一東京マスコミ塾の第7期生として間近に学んだ講師が、「昭和の大巨人」の人間像を語ります。

 

  

 【日時】 11月21日(土)13:30~15:00

 【会場】 読売新聞東京本社3階「新聞教室」

 【講師】 大宅壮一文庫専務理事、中央公論新社元会長 鳥山 輝

 【受講料】会員・一般ともに 2,420円

 【問い合わせ・申し込み】事業担当 03-3642-4301

お申し込み〈コンビニ払込(別途、払込手数料110円)をご希望の方〉はこちら

お申し込み〈クレジットカード支払いご希望の方(外部サイト「パスマーケット」に移動します)〉はこちら


  

よみうりカルチャーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の三つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)を踏まえながら、細心の注意を払って講座を運営しています。「新聞教室」を会場にした本講座でも、以下の防止策を行います。

  • 講座当日は、お出かけの前に検温をお願いします。37度5分以上ある場合、ご受講できません。教室入り口でもスタッフが非接触型体温計で検温いたします。
  • 風邪の症状がある場合、ご受講をお控えください。
  • 教室入り口に、手指用の消毒液を用意します。
  • 講座中もマスク着用をお願いいたします。
  • 教室内のいすは、隣と距離を空けて配置します。
  • 換気のため、講座中も入り口の扉は開放します。

 ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

 《問い合わせ》事業担当 03-3642-4301(平日10:00~19:00、土曜日は17:00まで)

[講座]西国三十三所 法話とスイーツ巡礼(9月26日・10月31日)

 西国三十三所とは、和歌山から大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、岐阜と近畿圏をめぐる、日本で最も古くからあるといわれる聖地巡礼です。各お寺に姿の違う観音様がいらっしゃいます。各お寺から講師をお招きして、西国三十三所巡礼について、お寺の成り立ちや、所蔵している観音さまのお話をうかがいます。

 また西国三十三所では、多くの方に気軽に巡礼に親しんでいただけるよう「スイーツ巡礼」という取り組みも行っています。お寺認定の巡礼スイーツをご紹介します。

 

 よみうりカルチャーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の三つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)を踏まえながら、細心の注意を払って講座を運営しています。「新聞教室」を会場にした本講座でも、以下の防止策を行います。

  • 講座当日は、お出かけの前に検温をお願いします。37度5分以上ある場合、ご受講できません。
  • 教室入り口でもスタッフが非接触型体温計で検温いたします。
  • 風邪の症状がある場合、ご受講をお控えください。
  • 教室入り口に、手指用の消毒液を用意します。
  • 講座中もマスク着用をお願いいたします。
  • 教室内のいすは、隣と距離を空けて配置します。
  • 換気のため、講座中も入り口の扉は開放します。

 

 ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

8/22(土)13:00~14:30 【終了しました】

壷阪寺(奈良県高市郡高取町)

執事 喜多昭真(きたしょうしん)さん

 

 壷阪寺の観音様は目の病のご利益で知られています。浄瑠璃「壷阪霊験記」の舞台でもあります。ゆかりのお菓子、柿日和、め煎餅、目薬の木飴をお土産にご用意します。

 

受講料:2,530円(税込み)

サイズ小.jpg

め煎餅.JPG

柿日和.JPG

 

9/26(土)13:00~14:30 

石山寺(滋賀県大津市)

責任役員 鷲尾龍華(わしおりゅうげ)さん

 

 紫式部が源氏物語の着想を得た地として、平安文学と深く関わりのあるお寺です。清少納言や、菅原孝標の女など多くの貴族女性が「石山詣で」を行いました。

 

受講料:2,530円(税込み)

お申し込みはこちら
(外部サイト パスマーケットからクレジット手続きの画面に接続します)

コンビニエンスストアでのお支払いをご希望の方は、こちら

(手数料110円/コンビニエンスストアでご利用いただける払込票を発送します)

鷲尾龍華写真小.jpg

石餅皿盛り.jpg

硅灰石と多宝塔 小.jpg

10/31(土)13:00~14:30

清水寺(京都市)

執事補 森 清顕(もり せいげん)さん

 

 「清水の舞台」「音羽の滝」など、京都の観光地としても人気の清水寺ですが、その成り立ちや、秘仏であるご本尊をご存じでしょうか?

※清水寺はスイーツではなく、お水のお授けになります。

 

受講料:2,530円(税込み)

お申し込みはこちら
(外部サイト パスマーケットからクレジット手続きの画面に接続します)

コンビニエンスストアでのお支払いをご希望の方は、こちら

(手数料110円/コンビニエンスストアでご利用いただける払込票を発送します)

森清顕写真.jpg 清水の舞台(もみじ).jpg

☆お問い合わせ先

よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター) 

Tel: 03-3642-4301

10:00~19:00(平日)10:00~17:00(土) 

メール:y-otemachi@ync.ne.jp





[10月17日に開催]「歌舞伎を楽しむ」

※新型コロナウイルスの影響で、講座日を延期しました。
 5月23日(土)→10月17日(土)に延期しました。時間は変更ありません。
 お申し込みの皆さまには、順次お知らせします。(5月8日更新)

 

 團十郎は歌舞伎のスーパースターとして、江戸時代初期から人気を誇ってきた大名跡。この機会に「歌舞伎」への理解を深めてみませんか。歌舞伎研究家の前川文子さんが錦絵などを使い、歴代團十郎の横顔をご紹介するほか、初心者にもわかりやすく、歌舞伎のキーワードも解説します。

歌舞伎前川先生.png









 【日時】10月17日(土) に延期しました

     13:00~14:30  

 【会場】読売新聞東京本社3階「新聞教室」

    (地下鉄「大手町駅」C3出口直結)

 【講師】元松竹株式会社演劇ライツ室・

     歌舞伎研究家 前川 文子さん

 【受講料】会員・一般2,200円(税込み)

 

《問い合わせ》事業担当03-3642-4301(平日10:00~19:00、土曜は17:00まで)

お申込みはこちら

[10月3日]創業40年記念講座~「人生案内」にみる女性の悩みの変化

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月11日→10月3日に延期して開催します。(7月5日)

【13:30~は満席になりました。キャンセル待ちで承ります】

【10:30~を増設しました】



 読売新聞朝刊「人生案内」は100年余もの間、女性の様々な悩みと向き合ってきました。夫の浮気や離婚、自立への道など、時代の変化とともに悩みや回答がどうかわったかを、具体例を挙げながらお話しします。

宮智.JPG

   

 【日時】4月11日(土)

    →10月3日(土)に延期

   13:30~15:00

   10:30~12:00【増設】

 【会場】読売新聞東京本社3階

    「新聞教室」

 【講師】読売新聞編集委員

     宮智 泉さん

 【受講料】会員・一般2,200円(税込み)




宮智 泉(みやち いずみ)
 1985年、読売新聞社入社。生活面が100周年を迎えた時の生活部長。編集局次長を経て、編集委員。四半世紀近く、生活面に関わってきた。




 よみうりカルチャーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の三つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)を踏まえながら、細心の注意を払って講座を運営しています。「新聞教室」を会場にした本講座でも、以下の防止策を行います。

  • 講座当日は、お出かけの前に検温をお願いします。37度5分以上ある場合、ご受講できません。教室入り口でもスタッフが非接触型体温計で検温いたします。
  • 風邪の症状がある場合、ご受講をお控えください。
  • 教室入り口に、手指用の消毒液を用意します。
  • 講座中もマスク着用をお願いいたします。
  • 教室内のいすは、隣と距離を空けて配置します。
  • 換気のため、講座中も入り口の扉は開放します。


 ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。


【13:30~は満席になりました。キャンセル待ちで承ります】 お申し込みはこちら

【増設10:30~申し込み受け付け中】 お申し込みはこちら


《問い合わせ》事業担当03-3642-4301(平日10:00~19:00、土曜は17:00まで)