[講座レポート]ウズベキスタン共和国大使館共催講座「シルクロードとウズベキスタンの仏教遺跡」

会場01.jpg 2021年10月9日(土)読売新聞東京本社3階「新聞教室」にて、ウズベキスタン共和国大使館共催講座「シルクロードとウズベキスタンの仏教遺跡」を開講しました。

 共催:ウズベキスタン共和国大使館 後援:日本ウズベキスタン協会







大使01.jpg ムクシンクジャ・アブドゥラフモノフ大使は、「太陽の国ウズベキスタン、豊かな歴史、文明の十字路のウズベキスタンに興味を持っていただき、ありがとうございます。ウズベキスタンの友達になってほしいです」と滑らかな日本語で話してくださいました。

 大使は続けて、通訳を交えてウズベキスタンと日本の関わりはシルクロードの歴史にさかのぼります、正倉院の宝物にその様子が感じられます。また、ウズベキスタンにも「客は父のようにもてなす」という日本の「おもてなし」と同じように相手を大切にする文化がありますと教えてくださいました。




会場_観光300-168.jpg  会場_観光_2_300-168.jpg  会場_観光_3_300-168.jpg 

 続いて、大使館の職員の方がウズベキスタンを紹介してくださいました。フォトジェニックな国と説明があった通り、動画や写真で紹介されたものは全て色鮮やかで、会場の皆さんもスクリーンに見入っていました。

 ウズベキスタンのあたりは年間300日くらいは晴れることから「太陽の国」といわれているそうです。歴史や文化はもちろんのこと、四季の自然も大変美しい国だそう。職員の方のおすすめの季節は「秋と春」とのこと。また、地下宮殿のようなタシケントの地下鉄の駅も必見ですとお話しされました。

 

bukkyou .jpg そして、考古学者の故加藤九祚氏と共に立正大学ウズベキスタン学術調査隊の隊長として学術調査を行われた安田治樹さんが、テルメズの古代仏教遺跡とその遺物をテーマに講演してくださいました。

 テルメズは、ウズベキスタンの南部、アフガニスタンとの国境にあるスルハンダリヤ州の州都です。紀元2世紀クシャン朝時代に隆盛を極め、貴重な仏教遺跡が現存します。西遊記の三蔵法師のモデルとなった唐僧の玄奘は、テルメズから仏教文化が栄えていたアフガニスタンに入りました。





bukkyou 02.jpg 安田さんは、まず地図で仏教遺跡の分布と地理的状況を説明しました。そして出土品の壁画を取り上げ、「目の表現に注目してください」と話します。目が大きく見開き、隈取(くまどり)のように目の縁がなぞられ、上の方を凝視する目つきに注目し、仏教がどのように伝わり広がっていったのか考察しました。会場の皆さんも熱心にペンを走らせていました。





sisyu02.jpg

 会場では、ウズベキスタンの手工芸品も販売され、少しだけウズベキスタンの旅行気分を味わえました。ウズベキスタンは、成田空港から直行便で8時間ほどで着けるそう。落ち着いたら訪ねてみたいですね。