講座コード:202104-01230030 2021年5月18日 更新

太田治子の「芸術家の魂」

作家太田 治子

 芸術家のかぶる冠は、茨の冠だということを小さい頃から聞かされてきました。つらく苦しく、しかも明るさを求めていく芸術家の魂に、私は魅かれます。はたして西欧の芸術家は、どのように生きたのでしょうか。ゆっくりと時に彼らの生きた時代の絵画作品に触れながら朗読をまじえてお話ししたいと思います。美術館見学も行います。また、明治・大正・昭和の小説家、画家についても考えます。
日時 4/12、5/18、7/12、8/9、9/13
第2月曜日 16:00~17:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料 会員 6か月 5回 24,200円(うち消費税額2,200円)
維持費 1,870円
テーマ 4月 ピカソとマティス
5月 美術館見学
7月 夏目漱石と司馬遼太郎 
8月 瀬戸内寂聴
9月 美術館見学
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 5,214円(うち消費税額474円)
ご案内 入館料・交通費等は各自負担
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。