仏画を描く(月) 

講座コード:
201810-03490030

2018年10月7日 更新

講師名

慈翠会主宰 古関 聖慈

内 容

慈しみの仏さまを楽しく描いてみましょう。
心をこめて筆を運ぶ内に、自然に喜びや哀しみなど心の表情が現れ、描くことが楽しくなってまいります。
初めは、手本をなぞり彩色して仕上げていく簡単な作品からスタートし、色々な画材や顔料を使いながら、荘厳な本格的仏画へと目標をたてて取り組んでいきます。
初級、中級、上級、創作へと、各々の進度にそいながらごいっしょに、心のやすらぎを仏画に尋ねてみませんか。

日 時

第2週 月曜日 10:15~12:15

10/8、11/12、12/10、1/14、2/11、3/11

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

1,036円

テーマ

初級:丸、内、線の練習、ねん紙作り、賽割法の説明、写仏の心を説明など

各自の進み具合に合わせて、教材を決め創作制作まで進んでいきます。
時々画材を変えて描き、楽しんで頂きます。
季節によって色々な日本画も描きます。

 春  雛人形、五月人形、鐘馗
 夏  団扇に描く
 年末 翌年の干支の描写    など

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料2,872円 教材費別途

ご案内

教材費別途

初回持参品

ボールペン(赤)、鉛筆(HB)、タオル、筆(現在お手持ちのもの)

講師ホームページ

http://www2.ocn.ne.jp/~romi218/index.htm

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。