伝承デザインから創作デザインまで

加賀ゆびぬき 

講座コード:
201910-13494010

2019年10月8日 更新

講師名

加賀ゆびぬき「結の会」講師    石田 美貴子

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

 金沢に古くから伝わる「加賀のゆびぬき」それは忘れられかけた日本の女性の手仕事の美、デザイン性の高さを伝えています。その加賀ゆびぬきの伝統デザインの基本から、新たに創作されたデザインまで幅広く作ります。そのデザイン性の高さは指貫としての実用性以外にもアクセサリーなどとしても使うことができます。

 加賀ゆびぬきは、古くから加賀友禅のお針子さんたちが、自分の為の針仕事の道具として、着物を縫って余った絹糸で、作ったものでした。
そして、時がたち、忘れかけていたゆびぬきでしたが、今再び日本の女性の手仕事の美しさと、新しいデザイン、絹糸の豊富な色とが重ね合わさり、注目されるようになりました。
ゆびぬきの使われ方も色々で、アクセサリーやストラップとして、生活の中を飾っています。
見ているだけでも、可愛くて、小さなゆびぬきを一緒に、手作りしませんか?

日 時

第2 火曜日 12:20~14:20

10/8、11/12、12/10、1/14、3/10、3/31

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 20,460円(うち消費税額1,860円)

設備費

924円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,564円(うち消費税額324円) ※応相談

ご案内

教材費/別(初回のみキット代2,160円、その他材料費760円位
※2回目以降の材料は各自で準備。(初回に説明があります。)
<テーマ>
第1回矢鱈縞     第2回二色うろこ 第3回三色うろこ
第4回縞うろこ    第5回青海波   第6回矢羽 
第7回なみ刺しの金魚 第8回元禄    第9回縦うろこ 
★その後、応用編として花シリーズなどの講師オリジナルデザインも。

初回持参品

裁縫道具、刺繍針、0.3mm程の細い水性ボールペン、メンディングテープ、直径1.5cm程度の筒状の物(細いマジックペンや口紅ケースなど)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。