万葉集を楽しむ  新設

講座コード:
201907-01210010

2019年7月18日 更新

講師名

文学研究家 佐々木 かづ子

内 容

新元号「令和」の典拠として「万葉集」が注目されています。時にブームを興しながら読みがれてきた「万葉集」をこの機会に初めての方も再読の方も新しい発見を心に読みたいと思います。「梅花の宴」の行われた太宰府に多くの人達が訪れていますが「万葉集」45000首の歌には各地の風景が詠まれ、歌碑も建っています。旅の楽しみにもなる「万葉集」を身近なものとして楽しみましょう。
巻一から順次抜粋しながえ読みます。

日 時

第3 木曜日 12:00~13:30

7/18、8/29、9/19

ホームページからのお申し込みは、受講日の5日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 3回 7,452円(うち消費税額552円)

設備費

486円

テーマ

07/18
08/29
09/19

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 2,646円(うち消費税額196円)

ご案内

<テーマ>万葉集の成り立ち・・・天皇・皇子・皇女たちの恋と悲しみの歌  万葉の花額田王・・・女帝と柿本人麻呂(新しい時代の息吹) 大伴旅人・山上憶良・大伴家持の歌

初回持参品

筆記用具 プリント配布 万葉集をお持ちの方はご持参ください。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。