声を使って遊ぼう

朗読ナレーション入門 

講座コード:
201904-01720020

2019年4月3日 更新

講師名

俳優・声優・ナレーター 望月 千寛

内 容
講座写真1
講座写真2

 声のみで作品の世界観を表現できるようになるのは様々な訓練が必要ですが、まずは楽しみながら自分の持って生まれた声を研究していきましょう。もしかするとあなたもまだ知らない七色の声が、あなたの中に眠っているかもしれません。発声・滑舌の基本、いろいろな声の出し方、感情表現などをやさしいテキストを使って学んでいきます。

ナレーションと朗読の違いについて、明確な定義はありませんが、一般に「朗読」とは文芸作品の心理表現が主な作業であり、それに対し「ナレーション」は文中の客観的事実を正確に伝えることが重要とされています。

どちらにおいても言えることは、書かれたものをただ淡々と音読するだけでは、聴く人に大切なことが伝わらないということです。

作品の中で、作者が伝えたいことは何か。そしてそれを声に出して分かりやすく表現するにはどうすれば良いのか。
やさしいテキストを使ってゆっくりじっくり学んでいきます。

日 時

第2・4週 水曜日 19:00~20:30

4/10、4/24、5/8、5/22、6/12、6/26

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 6回 14,256円(うち消費税額1,056円)

設備費

1,296円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

教材費/コピー代別


① ストレッチ(10分)
② 発声練習(10分)
③ 滑舌の練習(10分)
④ 課題文の朗読(60分)

喉の乾燥を防ぐため飲み物をご持参してください。

初回持参品

筆記用具、動きやすい服装(授業の最初に体操をします)、飲み物

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。