講座コード:202201-03210006 2021年11月29日 更新

満員

基本から応用へ

風景画から始める透明水彩

公益社団法人日本水彩画会理事根岸 尚徳

これから水彩画をはじめる方、すでに経験のある方も含めて、透明水彩の基本をしっかり取得し、各々の個性を伸ばす応用へと進みます。初心者の方は、まずデッサン、彩色の仕方を一から手ほどきし、水彩画の基礎を学んでもらいます。経験者の方には、基本をもう一度おさらいした上で、次のステップである、自力で絵を作る力を養っていきます。
日時 1/17、1/31、2/7、2/21、3/7
第1・3月曜日 12:30~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料 会員 3か月 5回 17,050円(うち消費税額1,550円)
維持費 1,430円
教材費
教材費(透明水彩) 1,100円
テーマ ・基本的に講師が用意した風景写真のカラーコピーをモチーフに1テーマ2回で作品を仕上げます。また随時、イーゼルを使った静物画や名画の模写などを行い、水彩画の幅を広げていきます。
・毎回講師がデモンストレーションを行い、絵作りの考え方や描く手順などを開示します。
・2回目には終了間際に短時間の合評会を設け、仕上がった作品について講師が講評、アドバイスを行います。
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 3,916円(うち消費税額356円)
ご案内 ※1/31は第5月曜日です
初回持参品 お持ちの透明水彩用具一式(絵の具・パレット・丸筆・平筆など) 水彩紙(6号~10号)、デッサン用具(2Bのえんぴつ、練り消し)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

本講座は定員に達しました。