講座コード:202210-01570070 2022年12月16日 更新

印象派・絵画を変えた画家たち

世界の巨匠たち

NPO美術教育支援協会 理事長谷岡 清

優れた美術作品に焦点を当て、歴史に名を遺した画家たちの全貌に迫ります。現地で撮影した鮮明なスライドと独自の解説を交えて、新しい角度から楽しく天才画家の生涯をたどります。
ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ルーベンス、レンブラント、フェルメール。モネ、ルノワール、ゴッホ。歌麿、北斎・・・。天才は誰も個性的、魅力的です。部分拡大の映像で、これら画家の作品の細部にまで分け入り、画家の意図、描法、時代背景など、他の画家の作品と比較も交え、多角的に名作を楽しみます。見方が変わると美も変わります。

【講師プロフィール】
大学で美術を専攻して以来、新聞・テレビで40年間美術を担当。世界各地の美術館や遺跡への取材のほか、現代の画家たちとの交流を通して蓄積した知識を多くの人々に伝えたいと思い、講義・講演・執筆活動を精力的に行っている。
著作に「アフガニスタンの美」(小学館)
   「シルクロードの華 アフガニスタン」
    (平山郁夫共著 日本経済新聞社)
などがある。
日時 10/20、11/17、12/15、1/19、2/16、3/16
第3木曜日 13:00~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の3日前までとなります。

受講料 会員 6か月 6回 21,780円(うち消費税額1,980円)
維持費 2,442円
テーマ 第1回 10/20 《パブロ・ピカソ》
一つの視点から描くのが常識だった絵画の世界に複数の視点からの描写を加え、再構成したキュビスムを提起、世界を驚愕させた。20世紀の新しい美術を拓いた画家。
第2回 11/17 《アンリ・マティス》
時代をねじ伏せたピカソと同時期にパリで活躍しながら、マティスは知的でオシャレな色彩と構図で人々を魅了。世界に愛されたマティスを追ってパリからアメリカへ。
第3回 12/15 《アンリ・ルソー》
元祖ヘタウマ画、素朴派の巨匠。税関に勤めていたルソーは、退職後好きな絵の道に。ジャングルの木々の葉を一枚一枚描くような幻想的世界は不思議な魅力に満ちる
第4回 1/19 《アメディオ・モディリアーニ》
映画「モンパルナスの灯」で知られる悲劇の画家モディリアーニ。その短い生涯に描いた個性あふれる女性像は今や人気絶頂。病に倒れた夫を追って妻は身を投じた。
第5回 2/16 《アルフォンス・ミュシャ》
フランス世紀末ベルエポックの版画界に彗星のごとく現れたミュシャ。幸運の女神、大女優サラ・ベルナールの寵愛を受け、パリ街頭を飾ったポスターは一夜で消えた
第6回 3/16 《エミール・ガレ》
フランスガラス工芸の第一人者。アールヌーヴォー時代を代表する造形と色彩は見る者を圧倒。中でも日本の水墨画や浮世絵から得た着想で拓いた作品に注目。
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 4,037円(うち消費税額367円)
初回持参品 筆記用具、ペンライト(講座中は暗くなりますので、メモを取る方はご用意ください)

※ホームページからもお申し込みいただけます。ホームページからのお申し込みには「読売ID」の登録が必要です。詳しくは「初めてご利用の方へ」をご覧ください。

「読売ID」の登録には一人ひとつのメールアドレスが必要ですが、メールアドレスをお持ちでないご家族がいて複数人分を申し込みされたいなどの場合は、「見学申込・問合せ」(公開講座は「お問い合わせ」)ボタンから各人のお名前や人数などを入力して送信してください。

※残席状況は申し込み手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。講座開始日前のご入金をお願いします。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※当社側の事情で講座が成立しない場合は全額を返金します。お客様の都合でキャンセルされた場合は、所定の手数料を承ります。

※定期講座の受講はよみうりカルチャーに入会が必要です。定期講座の体験、公開講座の受講はよみうりカルチャーに入会不要です。入会・受講規約をご覧ください。

※定期講座で優待割引を利用して申し込みされたい方は、「見学申込・問合せ」ボタンから利用したい優待名を入力して送信してください。