<報告>ハワイアンフェスティバル2018 10/13・14に開催しました

 10月13日(土)、14日(日)に東京ドームシティホールで2018ハワイアンフェスティバルを開催しました。ハワイアンフェスティバルは、よみうりカルチャーでフラやタヒチアンダンスを習う受講者のみなさんと、一般のフラ愛好者の方が出演する発表会です。27回目を迎える今年は、39団体、1,200人を上回る出演者がステージに上がりました。出演されたみなさんは、舞台では緊張しながらも終始笑顔あふれる祭典でした。当日の舞台の様子はツイッターでも紹介しています。



左:カレイナニ早川講師 右:鳥山親雄さん

 1日目のフィナーレは、映画「フラガール」のモデルであるカレイナニ早川講師プロデュースによる「被災地支援ステージ」でした。
 スパリゾートハワイアンズダンシングチームのほか、ハワイアンバンド(白片修さん、ドロシー白片さん、白片タケシさん、三上洋一さん、綿貫祐三さん、鳥山親雄さん、清水峰生さん ほか)をゲストに迎え、早川洋舞塾の講師陣も舞台を盛り上げてくださいました。
 「パーリーシェルズ」から始まり、おなじみの「ブルーハワイ」など、ハワイアンソングを存分に味わえた1時間でした。会場からは手拍子も聞かれ、最後は「アロハハワイ」の曲で会場が一体となりました。


 今年は、いつも指導してくださる講師の方々のご紹介コーナーもありました。一言ずつお話しいただくと、「みな笑顔ですてきに踊れました」「今年初めての参加でしたがとても気持ち良い舞台でした(東京ドームシティホールは、日本最大級のフライベント「フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ」の会場でもあります)」「毎年参加しています。来週から来年に向けて練習します」と出演を楽しんでいただけたようでした。

 来年(2019年)は、10月5日(土)、6日(日)の2日間で開催予定です。ぜひ来年もご出演、ご来場ください。よみうりカルチャーでは、19センターで200を超えるフラの講座を開講しています。一緒にフラを踊りませんか? 講座検索はこちらです