講座コード:202404-18992153 2024年7月11日 更新

老舗のこころシリーズ第11弾

松井酒造十五代目・松井治右衛門の転生のお酒「神蔵」9/21

新設 公開 野外
エリア・カテゴリ 現地探訪講座/イベント
日時 9/21 土曜日
 12:00~15:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の9日前までとなります。

受講料 会員  1回 17,400円(うち消費税額1,581円)
一般  1回 17,400円(うち消費税額1,581円)
講師

松井酒造十五代目松井 治右衛門

日 時:9月21日(土)12:00現地集合(受付開始は11:30~)、15:00解散。
参加費:17,400円(5種類の試飲、昼懐石代含む)※食事時のお酒別
会 場:山ばな平八茶屋(京都市左京区端川岸町8-1)
※当日の欠席や緊急連絡先は070-7379-7076(電話受付時間は開催日当日10:30~移動中は出れない場合があります)
※郵便振替決済の方は記載の内容をご確認いただき、本書到着後10日以内に参加費振込のお手続きをお願いします。
※参加費の決済をもって申込手続きが完了します。当日、集合場所へお越しください。
※申し込み後、手続きを完了されない場合、参加費をご負担いただく場合がありますのでご注意ください。
※クレジット決済の方には基本、ご案内はお送りしません。
※お手続き完了後のキャンセルについては「キャンセルについて」をご参照ください。



テーマ 老舗のこころシリーズ第11弾は、人気イラストレーターを起用したビジュアルイメージやテレビアニメとコラボグッズを作るなど、先鋭的な発想を持つ松井酒造・十五代目松井治右衛門さんが登場します。但馬国美含郡篠庄下浜村(兵庫県香美町)で享保11年(1726)に創業した松井酒造は、良質な水源を求めて、江戸末期に京都・洛中へ移ります。幕末の混乱や元治の大火(どんどん焼け)、都市整備に伴う酒蔵移転など、時代に翻弄されながらも造り続けた「松井の酒」。しかし、1984年から始まった地下開通工事に伴い、酒造りを断念せざるを得ない状況に追い込まれます。十五代目治右衛門さんは1978年生まれ。大学院在学中に進路を悩んでいた時に、父親から思わぬ誘いを受けます。「一緒に酒蔵を復活させないか」。治右衛門さんは東京から京都に戻り、稼業を継ぐことを決めました。蔵元杜氏としての研鑽を積み、2009年、ようやく酒蔵は復活を果たします。18年に社長就任、十五代目松井治右衛門として歩み出しました。治右衛門さんから酒蔵復活の貴重な話を聞きながら、5種の試飲を交え、日本酒と「山ばな平八茶屋」の昼懐石を楽しみます。特別に「山ばな平八茶屋」二十一代目主人、園部晋吾さんも登場。会場に華を添えます。
ご案内 【キャンセルについて】申込み手続き(ご入金手続き完了後)9/17までは参加費の20%、9/18~当日は参加費の100%になります。※ご返金は現金書留での対応となり、手数料の700円を差し引いてのご返金となります。お振込み時にかかった手数料の返金は致しかねますのでご了承ください。

※ホームページからのお申し込みには「読売ID」の登録が必要です。詳しくは「初めてご利用の方へ」をご覧ください。

「読売ID」の登録には一人ひとつのメールアドレスが必要ですが、メールアドレスをお持ちでないご家族がいて複数人分を申し込みされたいなどの場合は、「見学申込・問合せ」(公開講座は「お問い合わせ」)ボタンから各人のお名前や人数などを入力して送信してください。

※残席状況は申し込み手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。講座開始日前のご入金をお願いします。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※当社側の事情で講座が成立しない場合は全額を返金します。お客様の都合でキャンセルされた場合は、所定の手数料を承ります。

※定期講座の受講はよみうりカルチャー大阪に入会が必要です。定期講座の体験、公開講座の受講は入会不要です。申し込み案内・規約をご覧ください。

※定期講座で優待割引を利用して申し込みされたい方は、「見学申込・問合せ」ボタンから利用したい優待名を入力して送信してください。

特集

平安王朝の世界にひたるひととき
激動の幕末を学ぶ講座
老舗を訪ねる
レトロ建築・モダン建築に会いに行く
紙面に掲載された講座一覧
滋賀県彦根市で今年12月から開講するカルチャー講座
メルマガ登録
健康公開講座
PAGE TOP