学ント 二番組頭 永倉新八と新選組の謎オンライン講座 募集開始

oshirase_23au_mananto.jpg

永倉新八は新選組内で一番の剣の遣(つか)い手とされ、副長助勤や二番組頭、撃剣師範を務めました。

「大坂力士との乱闘事件」「池田屋事件」「禁門の変」では負傷しながらも勇猛に戦いました。また「鳥羽伏見の戦い」では、二番隊から決死隊10名余りを率いて薩摩兵が駐屯する御香宮神社に斬り込みをかけ、淀小橋では自ら大砲を打つなど豪快なところを見せました。
 そして「浪士文久報国記事」など多くの記録を残し、新選組の多くの足跡を後世に伝えました。
大正4年に77歳で亡くなるまで、真っ直ぐ過ぎる人生をガムシャラに駆け抜けた永倉の生涯や、新選組の「虚像」や「実像」について分かりやすく解説します。


「永倉新八と新選組の謎」お申し込みはこちら

    特集

    激動の幕末を学ぶ講座
    老舗を訪ねる
    レトロ建築・モダン建築に会いに行く
    紙面に掲載された講座一覧
    滋賀県彦根市で今年12月から開講するカルチャー講座
    メルマガ登録
    健康公開講座
    おうちで学べるオンライン講座
    PAGE TOP