「よみカル」秋号 各センターで配布中

よみカル表紙2019秋_500-352.jpg

 秋号は、英語はコミュニケーションの道具「ウイッキーさんのワンポイント英会話」、スピードと予測「卓球」を特集しています。



 また、招き猫発祥の地で知られる今戸神社(東京都台東区)で神職を務め、イラストレーターとしても活躍する市野智絵さんが、手描きのイラスト地図で街を紹介する「ひと駅散歩」は、町屋~東尾久三丁目を歩きました。



 作曲家の青島広志さんのエッセー「ブルー・アイランド氏がやりたかったこと」、医師で作家の南杏子さんのエッセー「カルテの余白に」、京都観光おもてなし大使の小嶋一郎さんの寄稿「古都だより」も好評連載中です。
 イベント情報では、日本遺産「日本海の風が生んだ絶景と因幡・但馬の麒麟獅子舞、「日が沈む聖地出雲~神が創り出した地の夕日を巡る~」、世界遺産「世界史の中の石見銀~石見銀山遺跡とその文化的景観~」の特別講座のご案内と、「事前レクチャー付き観劇講座」、大阪よみうり文化センターの講座など、多数ご案内しています。



 夏号からご愛読感謝プレゼントはFAXでも応募できるようになりました。今号では、横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」招待券が当たるチャンスがあります!展覧会に合わせて、作品解説のピアノの生演奏で楽しむ「ルノワール《ピアノを弾く少女たち》に捧げ
る パリを愛した画家と音楽家の物語」講座を企画しています。

 応募は、よみうりカルチャー各センター(関東圏)にある赤いよみカルポストからも封筒、切手不要で応募できます。よみうりカルチャーは駅ビル・駅チカに18センターあります。センター案内はこちら


 夏号は、よみうりカルチャー18センターでお配りしています。ぜひお近くのよみうりカルチャーにお立ち寄りください。