講座コード:202201-01370030 2021年12月8日 更新

新設

皇帝・ハレム・共生社会を中心に

オスマン帝国の社会と文化

お茶の水女子大学非常勤講師、CS放送『オスマン帝国外伝』日本語版監修松尾 有里子

 オスマン帝国(1299-1922)は約600年にわたり中東、バルカン、北アフリカを支配してきました。その息の長い歴史を紐解くと、対外的には英雄然とした皇帝(スルタン)が率いる軍事国家の姿をしていた一方で、内実は様々な背景を持つ人びとが参加する共生社会の国家であったことがわかります。この講座ではオスマン帝国の成立から近代に至るまでの、国家の発展と変容を辿りつつ、これまで一般にあまり知られてこなかったオスマン王家と後宮の実像や、統治を支えた軍人、知識人、異教徒たちに焦点をあて、その社会と文化の特徴を紹介していきます。 (写真提供:トルコ大使館・文化広報参事官室)

【講師プロフィル】
上智大学非常勤講師。専門はイスラーム史・オスマン帝国史。お茶の水女子大学博士課程単位取得退学(博士・人文科学)。CS放送『オスマン帝国外伝』日本語版監修。著書に「ウラマー」「軍人・エリート・女たち」小杉泰・江川ひかり編『ワードマップ・イスラーム 社会生活・思想・歴史』(新曜社)など。大学や語学学校でトルコ語講座を担当。
日時 1/8、2/5、3/5
第1土曜日 10:30~12:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料 会員 3か月 3回 9,900円(うち消費税額900円)
維持費 1,155円
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 3,685円(うち消費税額335円)
ご案内 教材費:コピー代(1回50円程度)教室でお支払いください。
※1月のレッスンのみ第2土曜日です。
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。