講座コード:202107-05490020 2021年6月20日 更新

いけばな

嵯峨御流 上級

観美会主宰練間 多恵甫

嵯峨御流は、京、旧嵯峨御所・大覚寺にあって、平安の雅と1200年の伝統に今日的感性を加味した、気品と親しみやすさが特徴です。
 伝統のいけばな「伝承花」から、新しい時代のニーズに相応したみらい感覚の「心粧華」までを基本型から始まり、個性的な花型へと移ります。
 お花に託してあなたの感性を磨いてみませんか。
日時 7/3、7/17、7/31、8/7、8/21、8/28、9/4、9/11、9/25
毎週土曜日 15:30~17:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料 会員 3か月 9回 29,700円(うち消費税額2,700円)
維持費 3,465円
教材費
花代(1500) 14,850円
テーマ 荘厳華、真、行、草の三花態
生花の歴史及び花態の説明
生花の三才格、及び五行路
嵯峨御流の歴史
盛花変化態、景色いけ
瓶花正式花態、瓶花変化態
文人華 
飾盛体
心粧華
途中受講 できます
見学 できます
体験 できません
ご案内 テキスト代別途
花材準備の為お申し込みは授業開始、5日前までにお願い致します。
初回持参品 花ばさみ、花包み、筆記用具など

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。