講座コード:202107-03040030 2021年6月10日 更新

日本の世界遺産を描く「日本画入門」

日本美術院 特待村田 林藏

 日本では、世界文化遺産が19件、自然遺産が4件(2020年10月現在)指定されています。各地は歴史的価値と同時に日本を代表する美しい風景を形成し、絵の題材としての価値も見逃せません。一度は旅で訪れたことのあるこれらの場所を、旅の記憶だけに留めず感動を一枚の日本画作品にしてみませんか。テーマは他に花や四季の風景など自由に選び、初心者の方にも分かりやすく日本画の基礎から丁寧に指導します。
日時 7/8、7/22、8/12、8/26、9/9、9/23
第2・4木曜日 10:30~12:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の1日前までとなります。

受講料 会員 3か月 6回 17,820円(うち消費税額1,620円)
維持費 2,376円
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 3,916円(うち消費税額356円)
ご案内 【講師紹介】
東京芸術大学日本画科で故平山郁夫氏に師事。1990年、「春の院展」で初入選。2000年、平泉・中尊寺「金色堂」の切手原画を作成。2005年、長野・圓長寺で天井画「雲龍図」を制作。

【教材費】別途2,000円程度教室でいただきます。
(※体験の場合:別途500円)
初回持参品 エプロン(※汚れてもよい服)
【経験者】今までに描いた作品やスケッチ

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。