講座コード:202104-05470030 2021年4月9日 更新

野の花山の花茶花

広山流

 広山流は明治末、自由花を考案した初代岡田広山が創流しました。特徴を一言で言えば「自然にいける」ということになります。
 自然界から切り取ったものを、草木の勢い、本来の持ち味が損なわれないようにいけることを意味します。

 講座では、花一輪に美を凝縮させた茶花をはじめ、華やかな装いの盛花、品格のある投入れなどを現代感覚で自由に自然の姿をいけます。
 初めての方から経験者までレベルに応じた指導をします。
講師名
広山流本部特別参与 神奈川支部理事 山野 鳳星
広山流神奈川支部理事 藤沢 秀彩
日時 4/12、4/26、5/10、5/24、6/14、6/28
第2・4 月曜日10:30~12:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料 会員 3か月 6回 18,480円(うち消費税額1,680円)
維持費 2,310円
教材費
花代(1500) 9,900円
テーマ 基本的な形態 
 立体形 傾斜形 横体形 下垂形 四方形
盛花、投入
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 5,115円(うち消費税額465円)
ご案内 花材準備の為お申し込みは授業開始、5日前までにお願い致します。
初回持参品 花ばさみ、花包み

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。