大気から海流、船、そして超深海

「太平洋」を知る 

講座コード:
202010-01610001

2020年9月16日 更新

講師名

東京大学名誉教授 蒲生 俊敬

東京大学名誉教授 植松 光夫

東京大学名誉教授 竹井 祥郎

内 容

 海洋は地球表面の7割を占めて、地球の気候を支配するなど、私たちの日常生活とも強く関わっている重要な存在です。なかでも広大な太平洋は、私たちに馴染みの深い海です。
 太平洋をいろいろな角度から俯瞰し、興味深い現象や謎、歴史に迫ります。年間シリーズで、各講師が、それぞれの専門分野について話します。
 3人は近年まで、東京大学大気海洋研究所にて、観測や実験に基づく海洋の基礎的な研究に携わり、現在は名誉教授として、それぞれ活動の場を広げています。

日 時

第4 土曜日 10:30~12:00

10/24、11/28、12/26、1/23、2/27、3/27

ホームページからのお申し込みは、受講日の3日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 19,140円(うち消費税額1,740円)

設備費

924円

教材費
教材費(100)
660円
テーマ

10月(蒲生)太平洋に拡がっていくマイクロプラスチック
11月(蒲生)海底火山と、金属鉱床と、天皇海山群と
12月(志澤)「太平洋航路と往来した人々」
1月(蒲生)西太平洋に集中する秘境・海溝と、超深海の科学
2月(植松)フクシマ由来の放射能を海で計る-海の中でどこまでひろがり、どこにたまったか-
3月(竹井)海底火山の周辺で大発生する生き物たち

途中受講

できません

見 学

できません

体 験

できます 体験料 3,454円(うち消費税額314円)

ご案内

各回のテーマによって、講師が代わります。

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。