「音楽の都」ウィーンとその文化 

講座コード:
202004-01590040

2020年3月30日 更新

講師名

横浜市立大学名誉教授・元ウイーン大学客員教授 河野 純一

内 容

 ウィーンは「音楽の都」といわれますが、歴史的な起源から現代の音楽シーンまで映像や音楽を手がかりにして見ていきます。 
 中世の王宮の中で聞かれた音楽から、モーツアルト、ベートーヴェン、シュトラウスなどの音楽、さらに現代の音楽の楽しみ方も紹介します。

【著書、作品】
『横顔のウイーン』『ウイーンのドイツ語』『ウイーン路地裏の風景』『ハプスブルク三都物語ーウイーン、プラハ、ブダペスト』『ウイーン遺聞』『不思議なウイーン(2016年8月27日発行)』多数

日 時

第1 日曜日 12:45~14:15

5/31、6/7、7/5、8/2、9/6、他1日

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 17,160円(うち消費税額1,560円)

設備費

924円

テーマ

4/5=振替調整中 ウィーン「市歌」とオーストリア国家
5/31 シュテファン大聖堂の伝説
6/7 ウィーンの人々とその生活
7/5 宮廷歌劇場から国立歌劇場へ
8/2 世紀末とウィーン・ブラウス
9/6 ウィーン料理

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,014円(うち消費税額274円) +コピー代

ご案内

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月12日(日)まで全講座を休講しています。振り替えについて講師と相談中のため、上記の「日時」の欄には、「他1日」と表示しています。

コピー代、資料代は別料金

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。