味わい豊かな朗読を  新設

講座コード:
201901-01710160

2019年1月11日 更新

講師名

「日本語朗読の楽しみ」著者、元日本女子大学文学部教授 濱野 成秋

内 容

 読ませる作家はつねにリーダーレスポンスを考えます。朗読も聞く人の気持ちになって心から訴えるように読みます。でも慣れないと力み過ぎる。声がうわずる。早口になる。私の著書にはまず序破急のコツがありますから、先ずその手ほどきから入ります。
課題文を与えて文節ごとに区切って読み込むまえに、強調するところや作者がどんな気持ちで書いたかのディスカッションをします。納得できてから読んでみましょう。
ご自分でも録音して聴いてみてわざとらしさを無くすのも大事で、これは中世、世阿弥が勧めた「離見の見」です。晶子、藤村ら浪漫詩人や西条八十の歌詞の朗詠から入り楽しんで、時には童謡のペーソスも心を込めて朗読し、グループごとや個別に競い合いも度胸だめしにいたします。百人一首や情緒たっぷりな谷崎の『春琴抄』も豪華絢爛たる三弦をバックに映像といっしょに立体的にやって頂きます。嘗て文京区教委と日本女子大の協賛の私の朗読会は和気あいあいでした。ここに再現できて嬉しく。

日 時

第1・3週 土曜日 14:30~16:00

1/19、2/2、2/16、3/2、3/16、3/30

受講料

会員: 3か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

設備費

907円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料2,959円(コピー代実費)

ご案内

★事前体験会★
1/5(土)14:30~16:00
受講料1080円 要予約

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。