カリブ海の風を感じて

スティールパンを奏でよう 

講座コード:
201810-09590005

2018年10月27日 更新

講師名

スティールパン奏者 中野 優希

内 容

スティールパンはカリブ海の島国、トリニダード・トバゴで20世紀に創られた打楽器。ドラム缶の底面をハンマーで叩いてボウル型にし、その表面に大小の凹みを作り、音階を奏でる。マレット(バチ)で叩くと、活力や清涼感を感じる澄んだ音色が響く。

【講師よりメッセージ】
スティールパンは20世紀に入ってから誕生した比較的新しい楽器です。楽器を開発した人がまだ生きているというのは音楽史的にも非常に稀であり、同時に可能性を秘めた楽器でもあります。ドラム缶から生み出されたとは思えない、美しい音色を奏でるスティールパン。ご一緒に、この美しい音を生み出しませんか。

日 時

第2・4週 月曜日 19:00~20:30

10/8、10/22、11/12、11/26、12/3、12/17

受講料

会員: 3か月 6回 18,144円(うち消費税額1,344円)

設備費

1,036円

教材費
スティールパン楽器使用料 音楽著作権使用料
4,536円 129円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

◆主にメロディーを担当する”テナーパン”でのレッスンです
※12月は不規則日程です

初回持参品

マレット(バチ)は講師より購入1400円…講師へ支払い
資料代(アレンジ楽譜含む)1曲300円…講師へ支払い
楽器使用料1回756円…受付にて支払い
(楽器購入は講師に相談)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。