読んで楽しむ

源氏物語 

講座コード:
201810-01210020

2018年10月28日 更新

講師名

古典研究誌「並木の里」主宰 増淵 勝一

内 容

「源氏物語」全54帖を読んで、その魅力を楽しみ、味わいます。「源氏物語」は平安時代に書かれた古典です。そこでどうしても“楽しむ”というよりも“学ぶ”という接し方になりがちだったのです。しかし古文ではあっても日本語なのですから、くり返し味わうことによって、おのずと物語を楽しむことができるようになります。古典がにが手な方もすぐになれていただけるように努めます。途中からの参加も大歓迎です。
2016年10月から「桐壺」巻の講読がスタートしました。
「源氏物語」の完読を目指す方はこの機会をお見逃しなく、ふるって聴講下さい。

日 時

第1・3・5週 木曜日 10:05~12:05

10/4、10/18、11/1、11/15、12/6、12/20、1/17、1/31、2/7、2/21、3/7、3/21

受講料

会員: 6か月 12回 29,808円(うち消費税額2,208円)

設備費

1,814円

テーマ

帚木
紅葉賀・花宴・葵

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 体験料2,635円

ご案内

テキスト代別途

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。