短歌実作(宮里教室) 

講座コード:
201810-01010015

2018年11月17日 更新

講師名

コスモス会 選者・編集委員・神奈川支部長 宮里 信輝

内 容

①短歌は言葉の芸術です。正しい言葉を使うこと。言葉が正しくないと思いは読者に伝わりません。
②短歌は五七五七七の定型のリズムが重要です。
③短歌の基本は、正しい言葉と五七五七七の定型のリズム、この二つです。
 あとは何をどのように詠んでもかまいません。広く、そして奥は限りがありません。
④相聞、挽歌、微生物のミクロ世界から、大宇宙のマクロ世界まで何でも詠むことができます。
⑤この世にないものを、言葉でつくり出すことも可能です。
⑥自分の知っている自分はほんの一部です。短歌をつくることは奥深い自分の探険です。
⑦一首を作ると推敲が必要です。不要な部分を捨てて、必要なものを入れる。
⑧何が不要で何が必要なのか、リズムの調整、語順調整などを助言します。

日 時

第3週 火曜日 10:30~12:30

10/16、11/20、12/18、1/15、2/19、3/19

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

907円

教材費
教材費(100)
648円
テーマ

毎回、各人2首提出の作品について講評、添削、助言を行ないます。
また、古今のすぐれた短歌作品の紹介、鑑賞を行います。

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

講座日に次回作品2首を教室で提出してください。

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。