《夕刊掲載》 「鎌倉能舞台」ユニークな能楽普及活動

kanta_nakamori.JPG「能楽協会会員」で「鎌倉能舞台」の理事でもある観世流中森貫太講師が7月21日(火)の読売新聞の夕刊に載りました。9月~11月に開く4公演の運営資金をネットを通じ募るクラウドファンディングの計画を進めています。コロナ禍の影響で、客席が50%に制限された状況では「普通に公演すれば大赤字になる」。中森講師は公演を有料で動画配信するのと同時に、クラウドファンディングで運営資金の一部をまかなう事を決めました。「能はこのままではどんどん衰退する。業界を元気にする意味でも公演は続けなくては。」と発想の転換をしたという内容でした。よみうりカルチャーの謡曲と仕舞講座もコロナ対策をしながら再開しています。是非この機会に能楽に興味をもっていただけたら幸いです。

観世流謡曲中級上級 金曜13:00~14:00 お申込みはこちらへ

観世流謡曲入門 金曜14:00~15:00 お申込みはこちらへ

観世流仕舞入門 原則第1・3・5金曜 15:00~16:00 お申込みはこちらへ

鎌倉能舞台のホームページはこちらです