[秋の新講座]北欧からのおくりもの――ゆらぎの「ヒンメリ」


 この秋、横浜センターでご用意した新設講座の中から「とっておき」をご紹介します。
 
 フィンランドに古くから伝わる伝統的なオーナメント「ヒンメリ」です。よみうりカルチャーでは初登場の講座です。



北欧らしいシンプルさが、「おしゃれ」と人気

 ヒンメリは「麦わら」と糸だけで作るシンプルなクラフトです。天井から吊るして飾ります。軽い素材のため、空調などの風を受けてゆっくりと動きます。
照明があたると影ができ、影もゆらゆら・・・。
光と風が作り出す不思議な影は、とても幻想的です。
北欧らしいシンブルさと相まって「おしゃれ」と人気を集めています。

ヒンメリにはストーリーがある

 冬が長いフィンランドの人たちは、冬至のころ「ヨウル」という祭りで太陽の誕生を祝います。冬至を過ぎると日照時間がだんだんと延びていきます。祭りでは、その喜びと、来年の豊作や家族の健康や幸せといった願いをヒンメリに託してきたそうです。
そんなストーリーに思いを馳せ、ゆらゆらと動く影を見つめていくと、自然にやさしい気持ちへと誘われてゆくよう。ヒンメリには不思議な魅力があります。

 
素材から手作りにこだわる 講師のさかまのぶこさん

 ヒンメリ作りを講座で教えてくれるのは、大磯町在住のさかまのぶこさんです。
フィンランドで自然の恵みに感謝し、誰かを想い作られるヒンメリ――。さかまさんはその想いを大切に、ライ麦や小麦を友人と一緒に育てています。講座では、その貴重な麦わらを使ってレッスンを進めていきます。
 制作についてさかまさんは「とてもシンプルなものですが、立体を意識しながらの制作は、意外と頭を使います」と話します。大人も子どもも知らず知らずのうちに夢中になっていくそうで、講座でも最初は2時間ほどで作ることができる比較的簡単なものの制作から始め、回を重ねるごとに大作にもチャレンジする予定です。

10月20日(土)に「作品鑑賞&事前体験会」

 あまり実物を目にする機会が少ないヒンメリをご覧いただく機会として、10月20日(土)に「作品鑑賞&事前体験会」(有料)を開きます。みなさまぜひご参加ください。
さかまさんの心のこもった素敵な作品を見、制作体験をしてヒンメリの魅力を味わいましょう。
講座は、11月17日(土)からスタートします。

★講座の詳細は・・・
https://www.ync.ne.jp/yokohama/kouza/201810-13990090.htm