小唄と三味線 

講座コード:
201810-06071457

2018年11月11日 更新

講師名

日本小唄連盟会員・蓼派四葉会理事 蓼 胡競静

内 容

 四季折々の風情や情感あふれる人間模様を簡潔に粋な文句で三味線とともにうたい込んだのが「江戸小唄」です。日本人の繊細で豊かな感受性が、ひとつひとつの唄の趣に合わせて見事に節づけされています。古い曲や新しい曲、新内小唄もレベルに合わせてマンツーマンで指導します。

日 時

第2・4週 火曜日 10:30~12:30

10/9、10/23、11/13、11/27、12/11、12/25

受講料

会員: 3か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

設備費

972円

テーマ



お伊勢まいり、はつ雪、青柳の糸、
新内小唄など

途中受講

できます

見 学

できます 20分程度、無料

体 験

できます 随時 体験料2,970円(要予約)

初回持参品

指かけ、ひざゴム、駒(小唄用)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。