漢文・漢詩に親しむ 

講座コード:
201810-01081001

2018年11月11日 更新

講師名

漢学者 丹治 喬山

内 容

「漢文」には、返り点や再読文字といった決まり事が多く、読むのが大変と感じていませんか?実は覚えねばならない決まり事はごくわずかです。まずは苦手意識を持たず、気軽に「漢文」に親しみましょう。
 例えば、お子さんやお孫さんの名前を決める時も、「漢文」や「漢詩」の知識は必ず役立ちます。また、「書道」や「詩吟」、「能」や「歌舞伎」などの古典芸能は、「漢文」の素養があればより深く世界に入り込めるでしょう。『源氏物語』『枕草子』はもとより、漱石・鴎外、芥川・谷崎文学作品も、「漢文」の知識があればより深く理解できます。
 講義では、『論語』『孫子』『史記』『三国志』を中心に、その他の有名作品、古来愛誦されてきた漢詩などを取り上げます。

日 時

第4週 日曜日 10:30~12:00

10/28、11/25、12/23、1/27、2/24、3/24

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

972円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時、2,862円(要予約)

ご案内

テキストは、『論語』金谷治訳注、岩波文庫 青202-1、ISBN4-00-332021-2、840円(税別)を2016年4月~使用しています。

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。