講座コード:202110-06450413 2021年10月15日 更新

大倉流

はじめての能囃子・小鼓

重要無形文化財総合認定保持者古賀 裕己

「間」の芸術と言われる能の深い音楽性と室町時代から続く謡曲にみる質の高い文学性を、共に小鼓という楽器を通して学んでいきます。初めての方でも、安心して音の出し方や基本的リズムから謡いに合わせて、「打つ」ことの楽しさを習得していけます。楽器はお貸ししますので(無料)、気楽にご参加下さい。初心者の方大歓迎です。その方に合った指導をいたします。
日時 10/1、10/15、11/5、11/12、12/3、12/17
第1・3金曜日 13:00~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料 会員 3か月 6回 33,000円(うち消費税額3,000円)
維持費 2,244円
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 5,874円(うち消費税額534円)
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。