講座コード:202104-05453215 2021年5月31日 更新

茶花

茶花研究家小菅 茂美

茶花とは茶席の花を指しますが、今日、日常生活の中で、四季折々の野の花が入れられているのを目にしたとき、誰もが心に潤いと安らぎを感じることでしょう。この講座では、花の入れ方の基礎から茶会の花まで名称・扱い・水揚げ法なども含め、故事をひもとき学びながら、野路の花材を用いて、こちらで用意した花入れに入れていただきます。和花の位ある花の姿は、現代の生活空間に不思議とよく似合うものです。
日時 4/22、5/27、6/24、7/22、9/30
第4木曜日 10:15~12:15

ホームページからのお申し込みは、受講日の15日前までとなります。

受講料 会員 6か月 5回 17,187円(うち消費税額1,562円)
維持費 1,870円
途中受講 できます  受付は2週間前までです
見学 できます
体験 できます 体験料 3,811円(うち消費税額346円) 花材費別
ご案内 花材費別:1回3,500円位
※花材準備のため受付は2週間前までに事前にご入金手続きをお済ませください。
※お花のキャンセルは1ヶ月前まで。
初回持参品 花ばさみ、花包み、ミニタオル、筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。