<講座紹介>お悩み解決!マスクメイクのコツPart.2

マスクが手放せない今日この頃。前回の続きで、今回は露出している部分のポイントメイクを

「大人のためのメイクレッスン」や「パーソナルカラー&スタイル診断」講座の岩下佳代講師に

伝授してもらいました。

~ポイントメイク編~

☆ポイント1ポイントメイク.JPG

マスク着用時に露出しているのは目元ですが、まずは眉メイクから!

ペンシルで形を修正してから、パウダーでふんわりナチュラルに仕上げます。

ペンシルは、小指を頬にあてて、筆圧を軽く少しずつ描くのが自然にするコツです。


☆ポイント2

アイメイクは、マスク時にはやや控えめを意識して強すぎないように。

~簡単メイク例~

ライトブラウンアイシャドウを上瞼アイホールに。

黒または濃茶のアイラインを上瞼まつげの生え際に埋め込む。

下瞼の際にパールのライトベージュのアイシャドウを細く。

ビューラーで上げた上まつげにマスカラを。

マスク着用時は(見えないので)基本的に頬紅と口紅は省きます。

その分目元メイク(特に眉)を丁寧に仕上げてみましょう。

そしてマスクを外した時の顔色が気になるなら、

口紅の代わりに、リップライナーペンシルを。

本来は唇の輪郭を描くためのものですが、唇全体につけて口紅の代わりにします。

潤いやツヤ感はないですが、マスクに染みにくくマスクを外した

瞬間の肌を明るく見せてくれます。



何かと悩みがちなマスク時のメイク。ちょっとのコツでお悩み解消!!ぜひ試してみてください!!

岩下講師の講座はこちら







<プロフィール>

岩下佳代 (Kayo Iwashita)

ブラッシュアップスタジオ カラーワンダフル主宰

イメージコンサルタント

大森、恵比寿センターでメイク講座、パーソナルカラー講座を担当

講師ホームページは⇒こちら

20 岩下佳代.JPG