日曜俳句・句会を楽しもう(今期は開講しません) 

講座コード:
201910-01030070

2019年9月20日 更新

講師名

俳人協会会員 高橋 博夫

内 容

 芭蕉は「文台引き下ろせば、すなわち反故なり」(『三冊子』)ー句会において机で書きとめた俳句も、句会が終わってしまえば、それはもう役に立たないもの(反故)でしかないと言っています。つまり、俳句の楽しみは、何よりも句会の場でたがいの俳句を読み合い、語り合うところにあるというのです。この講座では、みなさんが当日持参した俳句(2句)を読み合い、互選して語り合うこと、さらに良い俳句にするための推敲の仕方などを知ることを通して、句会の楽しみを体験していただきたいと思います。
  
平成5年森澄雄主宰俳句誌「杉」同人。平成10年第一句集「春雪」出版。平成23年季刊俳句誌「梓」創刊・編集担当。平成24年日本学校俳句研究会顧問就任。平成26年榎本好宏主宰俳句誌「航」同人参加。平成27年俳句総合誌「俳壇」の「俳句月評」担当

日 時

第3 日曜日 12:30~14:30

10/20、11/17、12/15、1/19、2/16、3/15

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 16,500円(うち消費税額1,500円)

設備費

792円

途中受講

できません

見 学

できません

体 験

できません

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。