煎茶道の心  公開

講座コード:
201901-18056626

2019年2月10日 更新

講師名

煎茶道東阿部流家元 土居 雪松

内 容
講座写真1
講座写真2

 東阿部流の家元が、煎茶席の作法や、江戸時代の文人墨客が取り入れた喫茶趣味などの歴史を解説します。美味しいお茶とお菓子をいただきながら、耳を傾けませんか? 初めての方でも気楽に参加し、お楽しみください。

<講師経歴>
横浜生まれ。先代4世に師事し、平成8年5世家元を継承。
一般社団法人全日本煎茶道連盟 常任理事。
毎年全国で茶会を開催するとともに、海外経験を生かし、親善交流・茶会を通して日本文化を世界に伝える積極的な活動を行っている。
<一般財団法人 煎茶道東阿部流>
お茶を通じて知識や教養を深め、文人たちの心を理解することを目的としながら「和」を基本において、感謝・奉仕・互譲・反省を流是としています。全国13支部2000名以上の会員の方々と日本文化の継承に取り組んでいます。

日 時

3/26 火曜日

13:15~15:15

ホームページからのお申し込みは、受講日の3日前までとなります。

受講料

会員: 1回 2,700円(うち消費税額200円) 一般: 1回 3,024円(うち消費税額224円)

設備費

162円

教材費
水屋料
432円
ご案内

東阿部流の定期講座「おもてなしの煎茶道」(第2・4週火曜13:15~15:15)は4月9日(火)から開講予定です。

初回持参品

白ソックス(お持ちの方はふくさ、懐紙、ようじ)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。