失われた鉄路とその遺産

鉄道と地域の変遷見て歩き  新設 野外

講座コード:
201810-08836630

2018年10月27日 更新

講師名

産業考古学会会員 山田 俊明

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

 首都圏にも役割を終えて消え去った鉄路が少なからず存在しています。その廃線跡や痕跡を訪ね、それぞれの鉄路の歴史や地域社会との関わりを探ります。
 今回は青梅線で石灰石・砂利輸送関連の廃線跡、豊洲、晴海築地といった東京湾岸エリアの鉄路の痕跡、そして極めて短期間しか営業しなかった中央線の支線(通称:武蔵野競技場線)の廃線跡をたどります。

日 時

第3週 金曜日 10:30~14:00

10/19、11/16、12/21

受講料

会員: 3か月 3回 8,424円(うち消費税額624円)

教材費
鉄道遺産資料代
324円
テーマ

10/19 青梅線は石灰石と砂利を運んでいた (JR青梅線福生駅)
11/16 豊洲や晴海や築地を鉄道が走っていた (JR京葉線潮見駅)
12/21 幻の「武蔵野競技場線」をたどる (JR中央線三鷹駅)

保険料

300円

途中受講

できます (受付は5日前まで)

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

現地集合、現地解散。
交通費などは各自ご負担ください。

※集合場所のご案内は別途お渡しします。

初回持参品

雨具。歩きやすい服装と歩きやすい靴でお越し下さい。筆記用具。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。