日本人の心を伝える礼法

社会人のマナー 小笠原流  新設

講座コード:
201810-07011507

2018年11月9日 更新

講師名

小笠原流礼法師範 源桔斎 守本菱知

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

 自然に美しく立ち振る舞い、冠婚葬祭や現代生活の様々な場面でも生かせる礼法を学びます。「相手を思いやる心」が小笠原流の根幹です。日本人が大切にしてきたこころとその知恵を伝える礼法です。
 和室や洋室での基本的な動作や心得、訪問や贈答、おもてなしの心得、食事のマナー、冠婚葬祭、五節供などの年中行事、ビジネスマナー他を学び直して美しい大人へ。

日 時

第2週 土曜日 10:30~12:00

10/13、11/10、12/8、1/12、2/9、3/9

受講料

会員: 6か月 6回 14,904円(うち消費税額1,104円)

設備費

777円

テーマ

【講座の基本的内容】季節や相応しい時期を選びながら指導していきます。

・礼法とは(歴史、礼法の意味)
・美しい立ち振る舞い(姿勢、お辞儀、歩き方、立つ、座る)
・訪問ともてなし(他家や企業の訪問と迎える側の心得)
・もてなし(部屋の室礼、茶菓子の出し方)
・贈答(贈答の起源、贈答の心得、喜ばれる贈り物と渡し方)
・贈答の品(こころを包む…折形・水引・紐結び)
・食事のマナー(和食・洋食)
・通過礼儀と年中行事(人生の節目の祝い事、五節供)
・手紙のマナー(日常生活やビジネスにおける手紙の構成、書き方)
・慶事(慶事の心得、服装、結婚式・披露宴などの歴史とふるまい)
・弔事(弔事の心得、服装、悲しみの席でのふるまい)
・その他の心得(好感の持てる服装、美しく丁寧な言葉遣い)

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

教材費 講座内容に応じて(お菓子代など)として必要に応じて50円~500円程度(講師へ直接お支払いください)

初回持参品

茶道用扇子(茶道用扇子が無い場合は初回は不要)
筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。