楽しく学ぶ

歌舞伎の基礎と鑑賞 

講座コード:
201804-01530010

2018年8月11日 更新

講師名

歌舞伎イヤホンガイド解説員 濱口 久仁子

内 容
講座写真1
講座写真2

 歌舞伎401年。<うた、まい、わざ>の三つの要素が寄り合った演劇「歌舞伎」は今、新しい世紀に歩み出しました。伝統ある舞台では胸を打つ演技、心に響く邦楽器の音、華やかな舞姿が繰り広げられています。「でもちょっと難しい」「あの仕草は何をあらわしているの」 素朴な疑問がたくさん出てきます。そんな不思議なカブキワールドにご案内します。歌舞伎舞踊の小道具を使ってみたり、2か月に一度は歌舞伎を観にいくのはもちろん、私たちの周辺にある歌舞伎ゆかり地も歩きます。

<講師プロフィール>
早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。郡司正勝氏について舞踊学を学ぶ。早稲田大学演劇博物館内財団法人逍遥協会勤務。国立劇場調査資料課にて、歌舞伎資料調査に従事。早稲田大学演劇博物館招聘研究員、立教大学異文化コミュニケーション学部兼任講師

日 時

第2・4週 土曜日 13:30~15:00

4/14、4/28、5/12、5/26、6/9、6/23、7/14、7/28(休講)、8/11、8/25、9/8、9/22(8/25~9/22までは7/28分30分追加授業。13時開始。)

受講料

会員: 6か月 12回 29,808円(うち消費税額2,208円)

設備費

1,555円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時

ご案内

教材費 別コピー代など

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。