講座コード:202110-18011107 2021年9月20日 更新

公開

太宰治とワイン

ワイン研究家濱野 吉秀

 太宰治は、旧制弘前高校時代、親戚であり、東北唯一の老舗ワイナリーのオーナー、藤田豊三郎家に寄宿しています。多感な3年間、家族ぐるみの厚遇を受けて過ごしました。
 しかし、なぜか、その事実を誰にも語らないまま、玉川上水で、その人生の幕を閉じました。この「沈黙の謎」を、ワイン研究家の立場から、長い年月にわたり追及、新たな解明を試みます。

【講師プロフィール】
東京都杉並区出身。東京農業大学農業拓殖学科中退。経済新聞の記者を経て、世界の食材の開発に従事。目下、日本土着の山葡萄による全国のワイン生産者を応援中。「見えてくる日本ワインの未来」(旭屋出版)など著書多数。グルマン世界料理本大賞健康飲料部門で「ワインの力」(飛鳥新社)、「ワインの鬼」(筑摩書房)の2冊が入賞。
日時 11/7 日曜日
 14:00~15:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の3日前までとなります。

受講料 会員  1回 3,080円(うち消費税額280円)
一般  1回 3,630円(うち消費税額330円)
維持費 385円
ご案内 資料コピー代別
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。