講座コード:202107-18010925 2021年7月25日 更新

公開

資料から見る生涯と文学

「探偵小説一代男」横溝正史の足跡

二松学舎大学文学部教授山口 直孝

 名探偵金田一耕助の活躍は、映画やドラマでもおなじみです。作者の横溝正史は、江戸川乱歩と並んで、日本の探偵小説の歴史を切り開いてきました。60年にわたって旺盛な筆を奮った正史は、時代の変化に寄り添いながら、新しい物語を作ることに意欲的に取り組んだ書き手でした。創作の範囲は、本格探偵小説から、コント、スリラー、捕物帳、時代小説、さらには児童ものにまで及んでいます。本講座では、二松学舎大学が所蔵する「横溝正史旧蔵資料」(自筆原稿・草稿1万枚、写真800枚、洋雑誌300冊などから成る一大コレクション)を紹介しながら、正史の起伏に富んだ生涯をたどり、今も変わらぬ人気を誇る小説の魅力に迫ります。
日時 9/25 土曜日
 15:00~16:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料 会員  1回 3,300円(うち消費税額300円)
一般  1回 3,850円(うち消費税額350円)
維持費 385円
教材費
資料代 165円
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。