講座コード:202104-06035031 2021年5月21日 更新

初めての新内小唄(唄・三味線)※今期は開講しません

新内小唄二代目家元ふじ松 加奈子

新内小唄は、新内大和派四世家元、富士松亀三郎が創意工夫し作曲したオリジナル楽曲です。新内浄瑠璃の流れを汲み、その情緒が濃く漂い、さわりの部分がふんだんに盛り込まれています。三味線は爪弾きで基礎練習を十分に行ない、新内流しに代表される上調子という高音の三味線と共に演奏します。一曲4分から5分です。
日時 4/5、4/19、5/3、5/17、5/31、6/7、6/21
第1・3・5月曜日 15:30~17:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料 会員 3か月 7回 31,416円(うち消費税額2,856円)
維持費 2,695円
教材費
音楽著作権使用料 154円
楽器使用料 1,540円
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 5,115円(うち消費税額465円)
ご案内 ※事前体験会4月5日(月) 体験料4,895円
※定期講座は4月19日から3か月6回26,928円、維持費2,310円、音楽著作権使用料132円、楽器使用料1,320円になります。


稽古本1冊1,080円。
希望者には富士松亀三郎著「三味線の知識・邦楽発声法」5,400円。
楽器使用料1回216円は回数分いただきます。
初回持参品 筆記用具、三味線の方は指かけなど。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。